杉山接骨院院長ブログ - 不定期更新
診療案内/杉山接骨院
ホーム > 診療案内 > 部活動・スポーツ

部活動・スポーツでの疾患について

部活動・スポーツでの怪我の分類

部活動・スポーツでの怪我

部活動・スポーツでのお怪我は大きく2つの分類に分けられます。

1.オーバーユース(使い過ぎによる損傷)
例:ジャンパー膝・野球肘・シンスプリントなど

2.急性外傷(突発的な損傷)
例:足関節捻挫・肉離れ・打撲など

急性外傷・オーバーユースどちらの症状も対応致します。
ご相談ください。

オーバーユース(使い過ぎによる損傷)

オーバーユース写真

杉山接骨院では、実際にプロ選手・オリンピック選手のトレーナーが使用する医療機器で治療していきます。そして医療機器だけでなく、積極的にプロ選手のトレーナーの講習会に参加し治療法を勉強していきます。

治療にあたり、患者様の運動環境・筋肉のつき方・ポジション・体格などを見極め、お怪我の原因に対し最も効果的な治療を行っていきます。早期復帰を目指すと共に、これからの怪我のリスクを下げれるようリハビリ・指導・トレーニングのご提案もさせて頂きます。

野球肘
野球肘は、投球動作を積み重ねることにより肘の骨・靭帯・腱などの炎症・痛みです。「上腕骨内側上顆炎」の代表的な呼び名です。

プロの野球選手が実際に使用している医療器具・治療法を導入しております。一緒に早期回復・復帰を目指しましょう。また、投球フォームの崩れ・筋力不足・柔軟性の欠如などから再発も考えられます。治療と共に、リハビリ・トレーニングを行い原因改善のお手伝いもさせて頂きます。

急性外傷(突発的な損傷)

急性外相の写真

肉離れ
スポーツなどでの「急激な筋肉の収縮動作」が原因で、筋肉の部分断裂・完全断裂が起きる症状です。

治療では、損傷個所を適切に判断する事が重要になります。
筋肉の断裂によって出血が起き、血のかたまりが出来てしまいます。そのまま放っておくと、再び肉離れを起こす可能性が高まり、治癒期間も延びてしまいます。的確に出血部を治療する事で、血のかたまりを防ぎ早期回復に繋がります。
日に日に変化していく症状に合わせ、早期復帰の為の治療・リハビリ・トレーニングプログラムを組んでいきます。

捻挫
「急激な関節運動の強制」が原因で正常の可動域を超えてしまい、関節・靭帯などの軟部組織の損傷です。

治療ではどの部位がどのように負荷がかかり損傷されたのか、適切な判断が重要となります。その判断により治療期間が大幅に変わります。
関節は靭帯・骨・関節包などで複雑に構成されており、競技・ポジションなどで負傷部位・負傷度が異なってきます。問診・視診・触診を入念に行い、負傷部位・負傷度により最適な治療を行っていきます。

大会や記録会などに照準を合わせたサポート

スポーツ大会への参加も応援します。

患者様の目指す大会や記録会などの日程を是非教えて下さい。
症状・日程など考慮し治療プログラムを組んでいき、サポーター・テーピング施術・コンディション作り・トレーニング方法などのご提案をさせて頂きます。院をあげて応援していきます。

また、大会後に結果・感想など教えて頂けると嬉しいです。

ページ先頭に戻る
杉山接骨院

〒500-8369
岐阜県岐阜市敷島町8-11-1
Tel 058-215-7497 Fax 058-215-7498

受付時間(月~金)9:00~12:00 / 14:00~21:00 日曜祝日は休診日
お電話での「ご予約・お問い合わせ」 TEL:058-215-7497
(C) 2012 Sugiyama-sekkotsuin