杉山接骨院院長ブログ - 不定期更新
診療案内/杉山接骨院
ホーム > 診療案内 > 日常生活での疾患

日常生活での疾患について

日常生活のお怪我

日常での怪我イメージ

日常生活のなかでは様々なお怪我がみられます。
ギックリ腰・寝違い・突き指・肩や腰の痛みなど、お体の不安・お悩みをお聞かせ下さい。思い当たる負傷原因があれば、保険治療が可能です。

現代社会において、お怪我やお体の痛みで仕事・家事を休む事が難しいのが現状です。お仕事・家事をされながらも通院のお手伝いが出来るよう、杉山接骨院は夜9時まで受付しております。受付時間かギリギリのご来院でも、ご遠慮なく通院して下さい。

また、治療だけでなく、サポーター・コルセット・テーピングを用いて少しでもお仕事・家事がスムーズに行えるようご提案します。

ギックリ腰

ギックリ腰 腰痛

ギックリ腰は、突然、腰を襲う激しい痛みです。「ギックリ腰」は「急性腰痛症」の代表的な呼び名です。
多くのケースでは、ふとした動作に伴う時やくしゃみなど、腰に激痛が走るきっかけがあり、姿勢や腰への注意力が低下している時に、ギクっと痛めてしまうことが多いようです。

原因

腰を支える機能が低下した状態で負荷をかけた時、腰部を支える筋肉、関節、椎間板などを損傷してしまいます。腰部は関節、靭帯、椎間板などの異なったパーツで構成されており、痛めている部位によって痛みの箇所は変わってくるのです。

治療例

1.患者様の症状を事細やかに検査し、しっかりと損傷部位を特定していきます。損傷部位に出る局所的な痛み、その個所を中心とし広範囲に筋緊張や疼痛が出る渉症状など患者様の症状が様々だからです。重度の場合、太ももの裏にまで筋緊張・痛みがみられることもあります。

2.損傷部位・範囲により治療内容が異なってくる為、筋肉・関節・椎間板などの損傷部位を的確に把握し、局所的な除痛治療と広範囲の筋緊張の緩和治療を組み合わせて行っていきます。

3.予防とし、腰部のストレッチは勿論の事、お尻・下半身のストレッチも重要となってきます。症状に合わせ、自宅で出来る効果的なストレッチ・予防法の指導をしていきます。

寝違い

寝違い写真

「寝違い」とは、睡眠時に起きた「頸椎捻挫」のことです。寝違えの原因には、いくつか要素があると考えられています。

原因

首や背中の関節や筋肉に負担のかかる状態が続いていたり、無理に動かした際に筋肉が過緊張・筋損傷が起こる筋の原因と、関節自体に負荷がかかり関節・関節に付く靭帯組織などの原因があります。

治療例

1.首は複雑な動きを可能とする為、様々な筋肉が様々な角度で付いています。その為、痛めている筋肉を特定する為に細やかな問診を行い、痛みの出る個所・動き・角度を正確に特定していきます。

2.原因となる筋・靭帯を局所的に治療し、悪くなった首の動きの回復を目指します。動く範囲を正常化させないと痛みが長く続いてしまします。また、首の筋肉は広範囲にも付きますので、肩や背中に痛みが出ることも多いで注意して治療していきます。

3.予防とし、患者様に解りやすいように首に関係する筋肉の付き方を説明します。首には様々な角度で筋が付くため、理解しストレッチを行う事でより効果的に予防する事が可能です。

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩イメージ

「四十肩・五十肩」は、加齢に伴い40~60歳代に多くみられるもので、正式には「肩関節周囲炎」といいます。
肩関節の周辺組織に炎症を起こし、急性期ではとても強い痛みを感じます。腕を動かそうとすると激痛が走り、寝る姿勢により痛みが強まる症状も出ます。放っておくと、次第に肩の動きが小さくなっていき、関節が固くなり腕が上がらなくなっていきます。

原因

肩の動きを可能にしている関節には、いくつか炎症を起こしやすい部分があります。炎症を起こしやすい状態が続くと、腕を支えている肩の関節部分の構造に変化が生じ、関節をとりまく靭帯・筋肉・腱が硬くなり、肩関節への負荷が増していき炎症を引き起こします。

治療例

1.痛みの出る関節・痛みの出る角度・硬くなった組織を検査し、特定していきます。

2.治療では、固まってしまった関節自体を緩める事で可動域を広げ、痛みの原因である関節周囲の筋肉・靭帯を判断し、適切な治療していきます。そのことで、関節の構造を正常な位置に戻し、肩関節への負荷を軽減させていきます。

3.動きの改善・予防とし、ご自宅で出来る可動域訓練・ストレッチの指導します。一つにストレッチと言っても、関節のストレッチ・筋肉のストレッチなど目的によって異なってきます。患者様の症状に適した指導を行っていきます。

ページ先頭に戻る
杉山接骨院

〒500-8369
岐阜県岐阜市敷島町8-11-1
Tel 058-215-7497 Fax 058-215-7498

受付時間(月~金)9:00~12:00 / 14:00~21:00 日曜祝日は休診日
お電話での「ご予約・お問い合わせ」 TEL:058-215-7497
(C) 2012 Sugiyama-sekkotsuin